来年のフレッツ光

タイムフライヤーがG1に昇格したホープフルステークスの初代王者となった。
タイムフライヤーの血統を見ると俄然に応援したくなった。祖母であるジョリーザザはダート王タイムパラドックスを産んだ。母タイムトラベリングはその全妹。
父であるハーツクライはサンデーサイレンスの子で母のアイリッシュダンスはトニービンの子である。昔の日本競馬を変えた三頭、ブライアンズタイム、トニービン、サンデーサイレンスの種牡馬御三家と言われた三頭の血を全て受け継ぐタイムフライヤーが俄然に好きになった。必然と思わせたホープフルステークス初代王者から2018年の競馬を楽しくさせてくれそうである。
反撃にジャンダルム、二歳王者ダノンプレミアム、二戦二勝グレイル、良血馬オブセッションなど役者も多い。来年のフレッツ光クラシックも逸材揃いなのかもしれない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ