フレッツ光を調べて

仕事をしているときに
「Neighborhood discovery」なる文言を聞きました
とある機能の名前なのですが、僕は初めて聞きました
ちなみに読み方は「ネイバーディスカバリー」です

少しフレッツ光を調べてみると
「neighbor discovery」というのが正しい名前のようです
ちなみに僕はこのブログでかなり勉強になりました
僕の備忘録兼、整理をするために日記でアウトプットします

簡単に説明すると ARP の拡張版という感じですね
ケータイでデータ通信をすると、キャリアの請求書に
「パケット量」というものが書かれています
データを通信する際にはパケットと呼ばれるデータを送受信して情報のやり取りをします

このパケットにはいろんな項目を入力しないといけないのですが
その中にネットワークで重要になるのは
・IPアドレス
・MACアドレス
この2つがかなり重要になってきます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ