フレッツ光を使いこなせれば

そこは、ドリフト族のストリートだった。
急激なカーブを、スピードを落とさずに曲がり切るひとつの方法として
一時的にタイヤを空回りさせることで駆動力のオンオフを
コントロールするというテクニックがある。
車体がきわめて不安定な状態になるため、修練が必要になるが
フレッツ光を使いこなせればカーブを曲がるスピードは飛躍的にアップする。
そしてまた、その不安定な状態は見る者の心を奪う魅力がある。
ゼロヨンが陸上競技だとすると、
ドリフトはアイススケートといったところだろうか。
そしてこういったドリフト走行を見せ合うことで評価を集める事を
ドリフトキング、ドリキンなどと呼ぶときもある。

地形に合わせてそのような形になったのか、手抜き工事のなれの果てなのか、
そのストリートは上空から見るとしたら「W」の字のように
きつく曲がりくねった狭い曲がり角の集合体とでもいうべき通りだった。

コメントを残す

*

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ