フレッツ光をドコモ光に変更

嫁のガラケーの電池が全然持たないことが判明したので
久々にドコモショップに行った

調べてみると初期容量の12%しか使えない状態になっていた
500ドコモポイントで新しいバッテリーに替えた

ついでにスマートフォンに乗り換えた場合の料金プランを確認してみた

引越しが必要なくなったのでフレッツ光をドコモ光に変更して
スマートフォンを契約すればある程度の値引きは期待できるんじゃないか
と考えていたからだ

最安値の基本料金(通話部分)を選択すると最安値のデータプランは選択できない
結局6000円強の月額料金が必要になるのか

家族でパケットをシェアするとお安いと言われたがこちらも3台契約しないとメリットが見えない

携帯各社はお徳お得と連呼するが結局用意されている最低限の料金プランの組み合わせは
そもそも契約できない仕組みになっている

基本料金かデータ通信のどちらかは身の丈にあわない、つまり要らないものを押し付けて
家族みんなで契約すると、光ネットと契約すると安くなるといわれても、それは得じゃないよね
と思ってしまう

夫婦二人で13000円以上の携帯料金?
私は営業関係になれば必要かも知れないけど現状ではとてもとても

MVMOという選択もあるけど、こっちはこっちで初期契約だと端末の選択肢がない
3大キャリアの契約解除をすれば選択肢は広がるが初期投資が大きくなる

結局はガラケー+PHSという現状の契約に落ち着くのかもしれない
とはいえガラケーは長期契約と番号/メアドの関係で維持しているだけで
実使用上はPHSだけでも問題ない

正直に言って3大キャリアはぼったくりだと思う

新規契約やMNPに対する安価な端末販売と長期契約者への優遇措置の薄さを見る限り
長期契約者の支払いを原資にして契約者の簒奪競争に興じている姿はキャリアの
あるべき姿ではないと思う

コメントを残す

*

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ