フレッツ光は開店前に

ゼロックスの製品をシャープブランドで発売した

立場の弱いシャープはゼロックスのかたおちをゼロックスの言いなりで協力してもらい

販売すればするほど赤字になった

このゼロックスのモデルが終わってからようやくシャープの製品がまともになった

コピー屋に家電メーカーが勝てるはずもなかった

破り当社のシステムが勝ったのだが全然うまく動作しなくて支店長をはじめ社員が人質になった

宇都宮の有名人と言えば作新学園の江川すぐる

ないフレッツ光は開店前に招待されたが人質だった、まあただ同然で温泉にはいれたけど

社内では南大門を大問題と呼んでいた

いまだに当時の所長は南大門の話しを嫌うようなダメージでいやがる

江川がラジオで南大門のCMを流していたが当社のシステムは原因不明のトラブルで上手く動か

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ